ビフィーナs 口コミ 効果

ビフィーナs 口コミ 効果4

あなたならどこで買う?ビフィーナを購入方法とは

あの昔から親しまれている森下仁丹が販売している事と、機能性表示食品になっている事から安心して服用できる便秘改善効果のあるビフィーナはご存知ですか?
善玉菌であるビフィズス菌を生きたまま腸に届けて、しつこい便秘の改善を図る商品です。
「いろいろやってみたけど効果が出ない」「病院に行くまでもないけど、便秘しがち」などお悩みの方にぜひ試して欲しい商品なんです。
これから購入をお考えの方のために、ビフィーナの購入方法についてご紹介したいと思います。

 

■公式サイトでお得に購入
森下仁丹が運営する公式サイトなら、初回に限りかなりお得に購入する事ができますよ。
ビフィーナS
30日分、30包入り
通常価格 3,856円(税込)→初回に限り 2,980円(税込) 約23%オフ
試してみないと良さはわからないので、森下仁丹では初回だけ23%引きでしかも送料無料で買えちゃうんです。

 

通常価格だと決してお安い値段設定はないので、まずは割引価格で試してみるといいかもしれませんね。

 

■楽天市場で購入する
森下仁丹は楽天市場にオンラインショップを持っているので、こちらから購入する方法もあります。
公式サイトと同様に、ビフィーナS 30包入りが初回限定で2,980円で購入できますよ。
しかも60包入りは、こちらも初回に限り、通常価格の7,344円から20%オフの
5,875円で購入できます。
楽天会員ならポイントも貯まるので、更にお得ですよね。
また、定期購入で2回目以降も60包入りが10%オフの6,609円なので、
使い続ける方にはこちらがおススメです。
また、合わせてビフィズス菌が25億含まれるビフィーナR、100億含まれるビフィーナEXも定期購入で同じく10%オフで購入可能です。

 

■Amazonで購入
Amazonを介しても、森下仁丹のオンラインショップや他のショップなどから購入できます。
ビフィーナSの価格はそれぞれ違いますが、普段から買い物にAmazonを利用している方は、情報の入力などの手間も省けるので楽に購入できるのがポイントですね。ショップによっては送料がかかる事もあるので、よくチェックして下さいね。

 

1部のドラッグストアでも購入できますが、どのドラッグストアでも販売しているわけではないので、ご注意下さいね。

 

ご自分の都合に合わせてお好きなショップからビフィーナを購入して、
スッキリ生活を目指してみて下さい。

便秘に効くビフィーナには副作用はあるの?

便秘が辛くて毎日が楽しくない方にも、善玉菌であるビフィズス菌の働きで
便秘改善効果が期待できると言われているのがビフィーナなんです。
長年愛用される方も多くいるほどの人気商品なのです。

 

善玉菌を多く含んで、で体に悪い事は何一つないようなビフィーナですが、
副作用やデメリットのようなものはあるのでしょうか?

 

■基本的には心配なし!
基本的にはビフィーナを服用するにあたって副作用の心配はしなくても大丈夫でしょう。ビフィーナは薬ではありませんので、薬の服用で起こるような副作用に陥る危険性は極めて低いと言えます。
むしろビフィーナに含まれるビフィズス菌は、食生活の乱れやストレスなどによって減少しているので、現代に生きる私たちは常に取り続けていたい善玉菌なんです。

 

副作用の心配は基本的には不要だとしても、服用の際には気を付けて欲しい事はいくつかありますので、ご紹介します。

 

■下痢・軟便
これはビフィーナに限った事でもありませんが、善玉菌の多量な摂取によって
便秘が改善されるどころか下痢の症状を起こしてしまう場合もあります。
量の問題でもありますので、あまりにも効きすぎるなと感じる時には
少し調整しながら、1日1回ではなく、1日置きにするなどしてご自分に合わせて
服用すれば避けられる可能性があります。
しかしながら、ずっと下痢が続いて治らないような場合は使用を中止する事をおススメします。

 

■アレルギー
どんな物にアレルギー反応を起こすか分からないので、
いくら体に良くても自分には合わない物が出てきてしまうのは仕方のない事ですよね。
ビフィーナも例外ではありません。
服用して発疹などの症状が現れたり、“あれ?”と思うような事があれば
すぐに使用を止めて医師の診察を受ける事をおススメします。

 

 

多くの方が効果があると言っている商品でも自分に合うとは限りません。
自分の体と相談しながら、上手にビフィーナと付き合う事で悩みの便秘と決別出来れば言う事ナシですが、異常を感じた時は無理な服用は絶対にしないようにして下さい。

ビフィーナsはヨーグルトより摂取しやすい

ヨーグルトにはビフィズス菌が多く含まれていて、毎日食べると便秘などに効果的ですが、ヨーグルトの種類によって、ビフィズス菌が腸まで届きにくいものがある事を知り、それからはパッケージに「生きたまま腸まで届く」などと記載されているものを食べてきました。便秘で悩まされているわけではないですが、腸内環境が悪いのは感じており、ヨーグルトを始めたのですが、こういった顆粒タイプのものは初めて知り、サプリなども試した事はありますが、それより摂取しやすく、個別包装なのでコンパクトに持ち運べてお手軽そうに感じました。生きたまま腸まで届く事も記載してありましたし、年齢が原因でも腸内環境が悪くなる事も知りました。顆粒でも画像を見る限り、100%顆粒ではなく粒も混ざっているように見受けられ、であれば少し飲みづらいのかな?と思う部分はありました。30包で通常4千円近くするのも少し継続するには厳しいお値段かな?というのが正直な感想です。しかし、サプリなどでもビフィズス菌の量によって価格がマチマチなのは知っているので、50億個と記載されているのを見ると、それなりのお値段なのかなと思います。10回分などお試しがあれば、気軽に頼みやすいような気がします。

 

やはり口に入れるものは安心な医薬品メーカーで!!

 

自分は化粧品は、全く名の知れない会社の物でも平気で使うけれど・・・

 

サプリなどの口に入れるものは知らない所は信用できない!!絶対に嫌!!怖い!!と思って知らない所のは買わないようにしている。

 

しかもこの手の腸内細菌の類は、金額から効果までピンからキリでかなり種類が多く選ぶのに迷う。

 

安すぎても、きっとビフィズス菌は胃酸にやられてしまい腸まで届かないだろう・・・と思ったり、高すぎても続かない・・・

 

そんな私が食いついてしまう、こちらの「ビフィーナS」は

 

まず

 

@あの銀色の小さい玉「仁丹」の会社、創業122年の医薬品メーカー森下仁丹の商品。大手で安心!!この商品22年も販売されているそう!!すごい支持!!

 

A一日一包!!顆粒!! 粉だとむせる、錠剤だとのどに詰まる私にピッタリ!!

 

Bロンガム種と言うビフィズス菌は他よりも酸に強く、生活習慣病予防を期待できる菌だそう。

 

1包に50億個の菌が、胃酸に負けずほぼ90%腸に届くという素晴らしいロンガム種!!

 

胃酸が強めで、血糖値も確実に年齢と共に上がってきている私にはうってつけの商品!!

 

今なら30%オフで送料無料との事。

 

夏の疲れで腸内細菌も乱れ便通が整わない皆さん是非お試しあれ☆彡

 

おなかとからだにやさしそう

 

ビフイーナという名前は聞いたことがありました。森下仁丹が出していて腸に優しく、便通をうながす、という感じでしょうか。なんとなく製薬会社が出しているということに、ちょっとした安心感、大丈夫だろうと言うイメージを持っています。
 加齢とともに、ビフイズス菌が減少することは知りませんでした。小さい時はヤクルトとか、ヨーグルトとか、こまめにというか気に行って取り入れているケースも多いでしょが、こうれいかしていくとそうもいかないでしょう。なると、簡単に摂取できるのはいいなと思いました。腸の状態を整えることで、便通もよくなる、ということはむしろ高齢者対応なのですね。便秘気味で、あるいは、排便コントロールがうまく行かない高齢者の方が増えていて、そのために、トイレの悩みは尽きないようです。また中高年層も、まずは宿便をとる感じで、使うといいのかなと思いました。便が詰まっていることはさまざまな病気の原因をつくりだしています。もちろん、そのことが体重にも影響をしていて、多い人で、3,4キロ分宿便をためていいるケースもあるようです。
単なる便秘薬や整腸剤としてではなく、健康のため、定期的に摂取していくのがいいのかなと思います。

乳酸菌でガンが治る

ガン予防とガンの進行を抑えるには、食生活を改善し免疫力を高めることが重要になります。免疫力を高めるためには、白血球の働きを活発にすることが必要となります。白血球の半数以上は腸の粘膜に集中しており、食べ物から吸収され発ガンの原因になる細菌やウイルスを攻撃してガンができるのを防いでいるのです。
では、どのようにしたら白血球の働きが活発になるのでしょう。それには腸内で乳酸菌などの善玉菌が常に優勢に保たれていなければなりません。
乳酸菌とは糖類などを分解して多量の乳酸を生成することによって私たちの体にとって大切な働きをし健康に欠かせない一群の細菌の総称です。
私たちの腸内には腸内細菌が存在し、大きく分けて乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌と、ウェルシュ菌や大腸菌などの悪玉菌があり、それらがお互いに助け合って生きている共生関係にあります。
食生活、ストレス、運動不足などで腸内細菌のバランスが崩れて悪玉菌ばかりが増えてくると、腸の中で発ガン性物質などの有害物質が作り出され体にとって悪い影響を及ぼします。では悪玉菌が全く存在しない方が良いのかというとそうではありません。善玉菌が本来の力を発揮して働いてくれる陰には悪玉菌の存在があるからこそなのです。悪玉菌と戦うために全力で善玉菌が頑張るからこそ腸に良い効果をもたらしてくれるのです。また善玉菌の働きには、発ガン物質の腸内での合成を妨げる抗がん作用、細菌やウィルスに対する抵抗力を高める免疫増強作用、コレステロールの抑制効果などもあるとされています。
悪玉菌が全く存在しなくなってしまうと、善玉菌は力を発揮する必要がなくなってしまうというわけなのです。理想的な腸内バランスとは、悪玉菌を腸内に持ちつつ、常に善玉菌が優勢を保っている状態であるということです。反対に腸内で悪玉菌がどんどん増殖しバランスが逆転してしまうことは、様々な病気のリスクが高まることになります。
日頃からストレスの少ない規則正しい生活と、適度な運動、そして乳酸菌の継続摂取を心がけることにより免疫力を高め、ガン予防とガンの進行を抑えましょう。

 

あの野菜にはこんな効能が!「健康」になる野菜について

 

健康的な生活に欠かせない、栄養バランスの考えられた食事。中でも野菜にら様々な栄養素が含まれているのですが、野菜嫌いな方も多いのが事実です。そこで今回は各野菜に含まれる有益な栄養素、そして好まれない理由を調べてみました。

 

・女性の味方!レシピ豊富なトマト

 

トマトソースは好きでも生のトマトは苦手、トマトジュースだけは飲めない…。など様々な調理方法が確立されているトマト。これには胃の粘膜を保護するビタミンA、美肌効果が期待できるビタミンCが豊富に含まれています。さらに近年注目されているのが抗酸化物質を持つリコピン!抗酸化作用により老化やガン予防に役立つと話題です。
トマトが嫌われる理由は青臭さ、酸味、皮の固さ、中身の食感…あたりにあるようです。これらは全て調理前の特徴であり、ケチャップなどに加工されれば大丈夫という意見も多いです。原型をとどめない料理で摂取、もしくは高糖度なのに栄養価は変わらないフルーツトマトで取り入れていきましょう。

 

・にんじんの美味しさは大人になってから?

 

にんじんにはカロテンが豊富である、というのを聞いたことがある方もいると思います。ではそのカロテンとは?正確には数あるカロテンの中でもβカロテンとよばれる栄養素です。抗酸化力で老化防止、さらに人体の皮膚や免疫機能を保持する活躍もしてくれます。
その一方で、子どもの苦手な野菜の代表格でもあるにんじん。よくテレビ等で、甘くて美味しいと評されています。しかしそれは子どもが好きな砂糖の甘さとは違い、独特な甘みなのです。他の食材にはあまり見ない橙色というのも、子どもにとっては未知の食べ物として敬遠されるのかもしれません。

 

・隠れたスターのほうれん草、小松菜

 

どちらかといえばメイン料理ではなく、おひたしやごま和えなどサイド的な役割が多いこの2つ。しかし実は体に良い栄養素が詰まっており、健康と美容には持ってこいの野菜なのです!具体的には、ほうれん草には鉄分や食物繊維、小松菜にはカルシウムやビタミンCが多く含まれています。その各量は野菜界でもトップクラスで侮れません。
これらはいわゆる青菜に分類され、要は緑色の葉菜です。苦手とされる人の多くは、これまた独特な苦味を受け付けないようです。この苦味はシュウ酸と呼ばれる水溶性の物資が原因で、生食は避けた方がよいとされています。そして乳製品と相性が良いので、スムージーやケーキとして摂取すれば美味しくいただけるかもしれません。

 

「ビオフェルミンの副作用」
子供のときに「ビオフェルミン」を祖父母から飲まされた人も多いのではないでしょうか。年配の方の中では「ビオフェルミン」いつも根強い人気がありますね。味がかすかな甘味のソフトな味わいなので、子どもでも抵抗なくとることができるためでしょうか、私の友人などはおやつがわりに「ビオフェルミン」をぼりぼり食べていた人もいました。「ビオフェルミン」の効能は「整腸」「軟便」「便秘」「腹部膨満感」とうたわれています。医薬品ではないので即効性は期待できませんが、飲み続けることによって腸の環境をととのえるためのサポートの働きをするという効果は期待できそうです。一回3錠を1日3回服用することが推奨されています。適量を守らないと、逆に腸内のバランスを崩してしまい、調子が悪くなり、それを副作用と感じる人もいるようです。「ビオフェルミン」は3種類の乳酸菌が配合されていて、成分はほとんどその乳酸菌のため、服用量を守っていれば、特に副作用の心配もないようです。強くて、即効性が認められる薬はその分副作用の危険性も高くなるという諸刃の剣といえますが、「ビオフェルミン」のようにソフトなものは、即効性もない代わりに、強い副作用の心配もないといえるでしょう。
「口臭にはパンラクミンン」
「なんか口がにおっているような気がする・・・」そんな心配を抱えている人は多いと思います。しかし、実際自分で心配しているほどの口臭でないことも多いのですが、逆に本人は気づかなくても回りが気になってしまうことも。口臭の悩みは難しいですね。口臭を改善するためにはどんなことが効果的なのでしょうか?歯をしっかり磨く、またはガムをかむ、口のにおいを消すスプレーを使う、などいろいろ試している人もいるでしょう。しかし、昔何かのコマーシャルでもありましたが「臭いにおいは元からたたないとダメ」なのです。口は単なる出口で実はその臭いのものは体の内部から発生していることが多いのです。つまり、臭いの元は胃腸だといえるでしょう。そのため、口臭を改善するには口の中の環境だけではなく、腸内の環境も整えなくてはいけません。腸内環境を整えるといえば、おすすめは「パンラクミン錠」です。大手製薬会社の第一三共ヘルスケアが展開しているので安心して服用できます。有胞子性乳酸菌・ラクボンが胃酸の影響をあまり受けずに生きたまま腸まで到達します。味は食べやすいヨーグルト風味なので誰でも簡単に飲むことができます。口臭対策は、その場限りの対処療法ではなく、きちんと体の中からアプローチすることが大切です。

ホーム RSS購読